みかんの缶詰のカロリーは?シロップの汁は要注意?

1

 

みかんの缶詰って、私達にとっては馴染み深いおやつですよね。

シロップ漬けの爽やかな酸味と程よい甘さで、そのまま食べたり、ゼリーやフルーツサンドに使ったりと、いろいろと活躍してくれます。

子供達も大好きなおやつの1つではないでしょうか?

 

そんなみかんの缶詰ですが、ダイエット中などに気になるのはカロリーですよね。

みかんの缶詰のカロリーどれくらいあるのでしょうか?

果肉だけのカロリーや、シロップ汁のカロリーってどれくらいなのでしょう?

そこで今回は、みかんの缶詰のカロリーについて詳しく見ていきたいと思います。


Sponsored Link


みかんの缶詰の果肉のカロリーは?

みかんの缶詰の果肉のカロリーは、100グラムあたり64キロカロリーになります。

1缶で見てみると、1缶は大体425グラムで、中に含まれる果肉は255グラム、163キロカロリーとされていますね。

なお一粒のカロリーは、おおよそ3キロカロリーほどになります。

 

1缶あたり163キロカロリーというと、大体ご飯1杯分と同等ですので、1缶まるまるの果肉を食べるのはダイエットにはあまりよくないと言えるでしょう。

ただ、ご飯に比べると様々な栄養素が含まれていますので、食べ過ぎに気をつければ多少は問題ないと考えて良いかと思います。

 

みかんの缶詰のシロップ汁のカロリーは?

では、みかんの缶詰のシロップのカロリーはどうでしょうか?

 

みかんの缶詰のシロップのカロリーは、100グラムあたり63キロカロリーとなっています。

1缶では、1缶425グラム中に含まれるシロップは190グラムほどで、そのカロリーは120キロカロリーとされていますね。

果肉部分のカロリーと比べると、案外それほど高カロリーという訳ではないようです。

ただ、シロップにはダイエットの大敵である糖分が多めなので、ダイエット中の場合は控えたほうが良いでしょう。


Sponsored Link


みかんの缶詰はダイエット中に食べても大丈夫?

2

 

結論から言いますと、ここまでに何度かお伝えしてきた通り、ダイエット中であれば控えたほうが良いかと思います。

理由としては、みかんの缶詰は生のみかんに比べて糖分が高いということが挙げられます。

多量の糖分を摂取することによる急激な血糖値上昇は、ダイエットには大敵です。

 

糖が体内に急激に増えてしまうと、体内では血糖値を下げようとインシュリンという物質が分泌されます。

このインシュリンが脂肪を作ったり、脂肪の分解を抑制してしまいますので、糖分の摂取は結果として肥満を招いてしまうのです。

こういった訳で、ダイエット中はなるべく血糖値を上げない食品を摂取するのが良いですね。

 

その目安となるのがGI値です。GI値というのは、食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するまでのスピードを計ったものと捉えておいてください。

一般的には、このGI値が55以下ですとダイエット中でも安心ですが、56~69あると注意が必要です。

みかんの缶詰は、カロリーこそ100グラムあたり63キロカロリーとそれほど高くはないですが、このGI値が57と高めで血糖値を上げやすい食品となるので、ダイエット中には控える方が良いのです。

 

どうしても食べたい場合は、量を少なめに食べるか、生のみかんを代替として食べるのが良いでしょう。

果物には果糖が豊富に含まれているので、通常ダイエット的にはあまりお勧め出来ないのですが、缶詰のみかんに比べればGI値が33と、血糖値の上昇は緩やかです。

 

また、生のみかんの場合は食物繊維やビタミン等の栄養成分も豊富に含まれていますので、食べ過ぎない程度に上手く食べるようにすれば、ダイエットだけでなく健康や美容にも効果的ですよ。

 

 

まとめ

3

 

時々無性に食べたくなるみかんの缶詰ですが、ダイエットには向いていない事がわかりましたね。

カロリー自体はそれほど高くないのですが、血糖値を急激に上げてしまう事が肥満に繋がってしまいがちです。

 

しかし、だからと言って我慢しすぎるのもストレスになりますよね。

どうしても食べたい気持ちが抑えられない場合は、我慢せず少しだけ食べてみたり、生のみかんや別のGI値の低いもので代用してみて下さい。

ダイエットは継続することが大事です。

なるべくストレスをなくし、楽しくダイエット生活を過ごして下さいね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ