みかんの皮のカロリーや栄養価は?美肌効果があるって本当?

1

 

冬になると美味しいみかんの季節がやってきますね。

食べる時に必ず剥く皮ですが、皆さんはその皮どうしてますか?

捨ててしまう方が大半だと思いますが、実はこの皮には、みかんの果実よりたくさんの栄養が含まれていて、ダイエットや美肌にとっても嬉しい効果があるそうなんです。

そこで今回は、そんなみかんの皮の栄養価やカロリー、その効果について調べてみます。


Sponsored Link


みかんの皮のカロリーは?

まずはみかんのカロリーを見てみましょう。

ただ、みかんと一口に言っても、色々なみかんがありますよね。

そこで今回は、一般的によく販売されているみかんをベースにご説明していきますね。

 

一般的なみかんの場合、普段食べている可食部は100グラムあたり45キロカロリー程度と言われています。

では、みかんの皮つきでのカロリーはどうかというと、こちらは46キロカロリーですね。

つまり、比較して頂ければ分かる通り、みかんの皮の部分にはほとんどカロリーがないということになります。

 

また、みかんの普段食べる果肉部分に関しても、100グラムあたり45キロカロリーというのは比較的カロリー控えめな数字ではありますね。

ご飯で比較すると、100グラムあたり168キロカロリーとなっていますので、みかんはご飯の4分の1程度のカロリーという計算になります。

ですので、みかん自体も比較的低カロリーであると言って良いでしょう。


Sponsored Link


みかんの皮に含まれる栄養価は?

2

 

実はみかんの皮には、果肉部分よりも健康や美容、ダイエットに効果的な成分がたっぷり含まれているんですよ。

みかんの皮って食べられるの?と思うかもしれませんが、実際漢方では、みかんの皮を生薬として古くから利用しています。

ではみかんの皮には、どのような成分や効果があるか見てみましょう。

 

ヘスペリジン(ビタミンP)

ポリフェノールの一種で、みかんの皮の主成分です。

このビタミンは、みかんの果実の部分にも含まれてはいるのですが、皮により多く含まれている成分になりますね。

 

ヘスペリジンの効果は様々で、毛細血管の強化、毛中コレステロール値の改善、抗アレルギー作用、発がん抑制作用等が挙げられます。

一口に言ってしまえば、体の不調を抑えるような働きと考えて良いでしょう。

 

また、毛細血管の強化や抗アレルギーについては、肌の血色を良くしたりやブツブツを抑えることに繋がりますので、結果としてお肌の色つやを綺麗にする作用があると捉えて良いですね。

 

ペクチン

ペクチンは、野菜や果物等に含まれている食物繊維の一種です。

ペクチンの効果としては、体内でのコレステロールや糖分の吸収を抑えて、血糖値の上昇を防ぐというものになりますね。

コレステロールや糖分の吸収を抑えるということは、つまり太りにくくなるということですから、女性にとっては嬉しい働きと言えるでしょう。

 

その他、ペクチンにはケイ素という物資が含まれていますが、こちらにはシワやたるみを防ぐ効果もあります。

1つで2度おいしい成分ですね。

 

β-クリプトキサンチン

この成分は、カロテノイドと呼ばれる成分の一種になります。

カロテノイドというのは、一言で言ってしまえば、みかんを黄色に見せている成分のことで、美容やがんに効果的な成分と考えられています。

というのも、カロテノイドは抗酸化力が非常に高く、いわゆる老化を防止してくれる働きがあるからなんですね。

 

しかもこのβ-クリプトキサンチンの場合は、通常のカロテノイドより体内での蓄積期間が長いという特徴があります。

つまり、通常のカロテノイドと比べて老化防止や美容の効果が長続きすると考えて良いでしょう。

 

その他の効果としては、骨粗しょう症の予防、骨粗しょう症の予防、糖尿病進行の抑制、免疫力アップといったものもありますよ。

 

ビタミンC

こちらは一般的にもよく聞くビタミンCですが、実はビタミンCには様々な健康効果があります。

主な部分では皮膚や粘膜の健康を維持してくれたり、先ほどお伝えしたような抗酸化作用もありますね。

 

また、ビタミンと言うと過剰摂取が怖いのですが、ビタミンCは水溶性のビタミンですので過剰摂取の心配もありません。

分かりやすい主な効果としては、美肌効果、免疫力アップ、ストレスの緩和等があります。

 

 

みかんの皮の栄養は美肌にも効果的?

3

 

みかんの皮は、先ほども少しお伝えしたとおり、美容や美肌にも効果的なんです!

ですので、捨ててしまうなんてもったいないですよ。

みかんの皮を有効に使って美しいお肌を手に入れちゃいましょう!

みかんの成分の中でも、特に美肌に良い栄養は以下になります。

 

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の働きを良くしてくれます。

具体的には、肌のハリや艶を良くしてくれるので、乾燥や肌荒れを改善するのに最適ですよ。

特に冬の時期は乾燥がひどいので、みかんを食べて乾燥対策というのも良いですね。

 

ビタミンC

前述しましたが、ビタミンCには強い抗酸化作用があり、これは美肌に大変効果的です。

お肌のハリを維持してくれるコラーゲンの生成を助け、お肌の保湿を高めたり、キメを整えてくれます。

 

また、ニキビ等の肌荒れにも効果的ですね。

更に嬉しいことに、紫外線によるメラニン色素を抑えてくれるので、シミやそばかすを薄くする効果もあると考えて良いでしょう。

こうして見ると、美肌にとっても非常に優秀な果物であることがよく分かりますね。

 

 

まとめ

みかんの皮には、たくさんの栄養が含まれていることがお分かり頂けたかと思います。

今まで捨ててしまっていたみかんの皮も、これだけの健康や美肌効果があるとわかったら、捨てるなんてもったいないですよね。

 

利用方法としては、乾燥させてお湯を注いでお茶として飲んでも良いですし、ワックスを綺麗に洗ってしまえばそのまま食べることも可能ですよ。

マーマーレードの様にジャムにしてしまえば、子供でも食べやすいですね。

日々の健康の為に、みかんの皮を捨てずに有効に活用してみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ