白菜のカロリーはキャベツと比べて低い?糖質などの成分の違いは?

1

 

すっかり肌寒くなってきましたね。

だんだん寒くなってくると、お鍋が恋しくなってきます。

この鍋の主役ともいえるのが白菜。

ついついたくさん食べてしまうのですが、この白菜、カロリーはどれくらいあるのでしょうか。

キャベツダイエットのキャベツと比べて、カロリーや糖質はどうなのでしょうか。


Sponsored Link


白菜のカロリーはどのくらい?

2

 

では、白菜のカロリーはどれくらいなのでしょうか。

白菜のカロリーは、100gあたり14キロカロリーです。

 

100gの白菜は、平面に置くとこのくらいの量。

3

 

200gだと、このくらいです。

4

 

お鍋に入れる量くらいはあるのではないでしょうか。

これでたったの28キロカロリーです!

これはカロリーが低いといっていいでしょう!


Sponsored Link


キャベツと比べてカロリーは高い?低い?

5

 

では、キャベツと比べてカロリーは低いのでしょうか、高いのでしょうか。

キャベツのカロリーは、100gあたり23キロカロリーです。

白菜は100gあたり14gだったので、実は白菜のほうが断然カロリーは低いのです。

キャベツダイエットがあるくらいだから、キャベツのほうがカロリーが低いイメージがあって意外ですよね。

白菜はもしかすると、ダイエットの強い味方なのかもしれません。

では、ダイエットの大敵となる糖質など栄養分はどうなのでしょうか。

 

 

糖質などの成分の違いは?

6

 

では、白菜とキャベツの糖質の量の違いをみてみましょう。

白菜の成分中、95%は水分です。

その他ビタミンCカルシウムカリウム食物繊維マグネシウムアミノ酸などが含まれています。

そのほか、皮膚や粘膜の細胞を正常にたもつカロテンなども多く含まれています。

95%が水分なので、量は多くはありませんが栄養がバランスよく含まれています。

中でもカリウムは余分な水分を身体から排出してくれるので、むくみの改善にも効果がありダイエットに効果があります。

 

気になる炭水化物は、100g中3.2g。

このくらいであれば糖質制限に差し障りはありません。

 

また、キャベツに含まれる炭水化物は100gあたり5.2gなので、糖質の多さでも白菜のほうがダイエットに適しているといえますね。

そのほか、白菜、ブロッコリーなどアブラナ科の植物に含まれるイソチオシアネートという成分には、がん予防の効果が期待できるという報告があがっています。

 

 

白菜はダイエットに効果的?

7

 

ここまで見てきたように、白菜はキャベツに比べてもカロリーが低く、糖質も低いためダイエットに効果的な食材だといえます。

ただ、白菜は煮込んでしまうとかさがかなり減るため、少量では腹持ちがあまりよくないという欠点があります。

そのため、お鍋でしっかり煮込んで食べる場合は、ポン酢などヘルシーなつけダレでたっぷり食べるというような工夫をするといいですね。

 

また、白菜は煮込んだり、茹でて使う方が多いかと思うのですが、実は生で千切りにしてサラダにしてもとても美味しいのです。

サラダにして食べると、かさもへらず満足感も得られやすいためおすすめです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ダイエットをする際に、野菜をたくさん食べる方は多いと思います。

野菜はさまざまな栄養素を含んでいるので、バランスよく食べることが必要ですが、野菜の中でも炭水化物を多く含んでいるものもあります。

カボチャやイモ、人参などの根菜類です。

こういった野菜には炭水化物が多く含まれているのに加え、煮物などにする際意外と砂糖をたくさん使ってしまうものなので、糖質制限を行う際は気をつけましょう。

 

寒くなってくると、ダイエットにはお鍋がおすすめです。

鶏肉や豆腐、そのほかさまざまな野菜に加え白菜をたくさん入れてポン酢などで食べると、カロリーも低く栄養価もバランスよくダイエットに効果的です。

これから冬にかけてダイエットする際には、是非白菜を活用していきましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ